《ダークサイド・ソウル》


《ダークサイド・ソウル》

カードデータ


カード名ダークサイド・ソウル☆禁呪1
効果:
●あなたのエネルギーゾーンに青のカードがなければ、あなたはこのカードをプレイできない。
●あなたはカードを1枚引き、自分の山札の1番上のカードを表向きにし、相手のプランゾーンを裏向きにする。
プランゾーン効果(プランゾーンで有効になる。)『あなたがこのカードをプレイするコストを支払うにあたり、そのコストを[無0]にしてよい。』
属性-
種別ストラテジータイミングクイック
使用コスト青1


ゲーム外カードデータ

収録セットNo.レアリティフレーバーテキストIllustration
IV-2
流星
IV-2 060/105Rare?/Goldrare?-山崎 太郎?
プロモIV-2 060/105Promotion-Hirokorin?



解説

 IV-2 禁じられし邂逅にて登場した、軽量?ストラテジー?
 プランゾーン?効果によりノーコストで使用できる可能性を秘めた禁呪1ドローソース。

 《バードマン・ソウル》禁呪付き調整といったような1枚。
 持つ効果自体は1枚ドローかつ自分のプラン?作成及び相手のプランゾーン?を消す事ができるという《メディア征服作戦》の上位版とも見えるもの。
 効果だけ見るならば《バードマン・ソウル》を凌駕しており、新たなの軽量ドローソースとしてかなり大きな力を期待する事ができる。

 しかし、留意すべき点としてこのカードの持つ特有のプレイ制限とも呼べるデメリットがある。
 《バードマン・ソウル》と同様プランゾーン効果?により[無0]とノーコスト発動が可能になるが、このカードのプレイ条件は『自分のエネルギーゾーンのカードがある』場合。
 のカードが入っていないデッキにすら投入余地があった《バードマン・ソウル》とは異なり、をタッチ程度で投入しているデッキにこのカードを投入してフル活用するのは困難。
 またプレイそのものを制限しているので、手札に来た場合でもがなければプランゾーン同様にプレイができないため純粋に腐る。

 しかし、ある程度を組み込んでいればこのカードが機能しないと言う事は無いだろう。
 単色以外でも【青黒コントロール】?のようなデッキタイプを初め、を起点としているならば幅広い採用が見込める。
 1ドローと効果が薄いようにも見えるかもしれないが、ノーコストでプレイできる可能性があるため、《ダークサイド・ソウル》→《ダークサイド・ソウル》という流れから一気に手札を増やしてしまう場合も少なくない。《サイバー・チェイス》のようなデッキトップ調整カードとを絡めると、よりその勢いが実感できる。
 《バードマン・ソウル》とは違い、あらゆるデッキには入らないかもしれないが、それでも汎用性は高い上に持つ効果は強いのでただのドローソースを超えた働きをさせて行きたい。

  • 登場初期はあまり重視されなかったが、禁呪の存在に注意。
    ドローソースとして3枚投入したいカードではあるものの、禁呪が付いてきているお陰で採用がフル投入見送られると言う場合もあるだろう。
    1コストいドローストラテジー?ならば《メディア征服作戦》《不運の始まり》というものがあるので、無理をしてまでこのカードを優先する必要は無い。特に《不運の始まり》が優先して採用される場合もあるので、あちらを採用した時にこちらが見送られると言う場合もある。
    ドロー量数なら《益々繁盛》《再改造手術》を優先した方が良い場合もあるので、その辺りはデッキとの兼ね合いを重視して採用していこう。
  • プランゾーン?にてコストを軽くできるので、時期が時期なら覚醒として扱われた事もあったかもしれない。
    このカード自身もあらゆる場面で自分のプランゾーン?を後押しできるため、覚醒との相性も良いだろう。
  • ドローソースとして強力な存在感を持っており、またプランゾーン?関連との相性も良い汎用ドローとしてクイックスタートデッキ 流星にて収録された。

関連ページ


外部リンク

コメント欄