パトリシア・ピットマンと共同で執筆したCWの最初の殺人百科全書。古典的な殺人の事例が挙げられている。

目次

殺人の研究
セックス殺人
毒殺
大量殺人
刺殺
殴殺
絞殺
ギャング 射殺
爆薬による殺人
誘拐殺人
斧による殺人
溺死させたもの
暗殺

ここから理

「殺人の研究」は殺人に関するウィルソンのエッセイのうち、 最も初期に公開されたものだ。彼は基本的なスタンスを(五十年後の) 現在に至るまで貫き通している。 それは、殺人事件を人間の自由の陰画として考えようというものだ。 殺人者は、人の生命の価値をひどく低く捉えている。 これは彼が(自殺者もそうだが)、自分が自由だという事実に少しでも気付いていれば 避けられる事態なのだ。

この逆転の発想は、なかなか理解が困難だ。 事実の羅列ばかりで頭に入ってきにくい、という人には、 「暗黒のまつり」「ガラスの檻」といった小説の方を薦める。 これら初期の小説の出来栄えには、まさに「舌を巻く」だろう。 (もちろん、最近の作が劣っている訳ではない。逆である。)

ウィルソン自身の経験では、病院でバイトするうち、自分が堕落し、 無意味な生活を送るようになったと感じていたところ、ある朝、 クリスティーという性犯罪者の記事が新聞に載り、それが啓示となって 彼はまた生活を変えるべく自らを駆り立てたのだという。(「発端への旅」より)


感想・コメント

読んだ感想をどうぞ。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 抄訳なので、全訳を出版して欲しいです -- 2005-06-17 (金) 03:57:52