leftルドルフ・シュタイナー 本名:へレナ・ペトロヴナ・ブラバツキー(1831〜1891)。ロシアの神秘思想家。
1875年、オルコット大佐とともに、ニューヨークに神智学協会を設立し、世界的に広範な影響を与えた。その特徴は、(1)神秘学研究に哲学的アプローチをすること、(2)仏教等の東洋の宗教・思想を重視することにあった。
ルドルフ・シュタイナーの人智学運動は、ブラバツキー夫人による神智学協会からの分派運動とみることができる。シュタイナーが、キリスト教をあらゆる宗教よりも高次のものとすること、人間中心とする見方をするのに対し、プラバツキーはインドなどの宗教を重視するといった違いがみられる。
主な著作:『ヴェールを剥いだイシス』、『シークレット・ドクトリン』、『インド幻想紀行』
(文責:T.Harada)