コリン・ウィルソンの家族、友人など、その交友関係からもCWの実像が見えてくる。自伝『発端への旅?』だけではなく、さまざまな著作の中で、彼は自分の私生活に触れている。彼の目的の一つは、彼の思想を生活の中に体現することにある。