Dragon Quest Sagaの攻略情報


主人公について

アレクス

  • 音楽:フィールド(DQ6)・戦闘(DQ6)
  • 戦士タイプの主人公。初期装備から銅の剣を装備していたり、序盤に簡単なダンジョンを探索したりするなど、初心者にはオススメ。
  • 旅の扉で移動した後は、基本的には何をしても自由なので迷うこともあるかも。

ソール

  • 音楽:フィールド(DQ2一人旅)・戦闘(DQM)
  • スタート地点が僻地なので、序盤苦しくなる可能性あり。
  • 主人公の素早さが高いので、敵から逃げ回って冒険するには最適。
  • 主人公として選択すると、フバーハとマジックバリアを両方覚えるので、ボス戦攻略では楽。

ドルゴン

  • 音楽:フィールド(DQ3)・戦闘(DQ1)
  • フレイアが固定で仲間になっているので、三地点の行き先が限定されやすい。
  • スタート地点がクラルベリーなので、色々なところに行きやすい。

ブライ

  • 音楽:フィールド(DQ4二章)・戦闘(DQ2)
  • サントハイムの三人衆で冒険できるので、DQ4が特に好きな人にはいいかも。パーティーのバランスもいい
  • 唯一、サントハイム地方を冒険できる。
  • 「ブライ兄ちゃん」

エリザ

  • 音楽:フィールド(DQ4四章)・戦闘(DQ5)
  • ステータス的に妙に弱っちいのが難点。
  • ただし、後半は強力な呪文を覚えるタイプなので、大器晩成型と言えなくもない。
  • シスカを序盤から仲間に入れられる唯一のキャラ。
  • 場合によっては、2周目以降いきなり魔界に突っ込むことも可能。

テス

  • 音楽:フィールド(DQ5)・戦闘(DQ3)
  • 固定イベントが一切無く、ある意味フリーシナリオを満喫できるキャラ。
  • 必須キャラである僧侶役を主人公が務めることができるので、他の仲間の編成が幅が広がる。

マリア

  • 音楽:フィールド(DQ1)・戦闘(DQ4)
  • 序盤のイベントとそれに絡んだイベントが、フリーシナリオであるこのゲームにしては、珍しくドラマチックな展開になっている。
  • 固定武器や、固定の仲間を加えることができる。

レティ

  • 音楽:フィールド(DQ2)・戦闘(DQ4四章)
  • 人間キャラを仲間にすることはできず、その代わりに各地の隠れ里でモンスターを仲間にすることになる。
  • 攻略できる高難易度ダンジョンが他のキャラと異なることに注意。

アルス(2周目以降限定)

  • 音楽:フィールド(DQ4五章)・戦闘(DQ7)
  • 2周目以降選択可能となる。
  • オープニングは、DQ3のような展開。
  • シャルルは、アルスが主人公のときしか仲間にできない。

地図

既知の問題点・小技

このゲームでは歩行中の敵とのエンカウント後、主人公が元居た場所から一歩動いてしまうという性質があります(正確には、主人公が次のマスへと半歩移動中に敵と遭遇して、戦闘後次のマスに移動している)。移動後のマスでは、通常起きるはずのイベントがキャンセルされてしまいます。

  • 問題点
    • 階段やマップ間の移動で移動し直す必要が起こる。イベントや落とし穴に反応せずに、通過できてしまうケースがある。
  • 意図的に活用する小技
    • (1)落とし穴の手前である程度うろうろする。
    • (2)敵は大体20歩前後毎に出現するので、そのあたりになったら落とし穴の直前のマスでセーブする。
    • (3)落とし穴にさしかかる瞬間に通常敵とのエンカウントが発生したら成功。
    • 一回で成功しなくても、ロードをして何度か繰り返すうちに成功する。この技で回避できる敵として、ハーゴンの神殿の中ボストリオ、ゾーマ城入り口で発生する動く石像達、闇の女王+との戦闘前のエビルプリースト+などがあります(先に挙げた死神の騎士回避は、手前の橋にさしかかる瞬間に通常敵とのエンカウントが発生し、戦闘後そのまま建物に入る)。まぁ、技自体あまり意味はありませんが、こちらが竜王を仲間しているのにもかかわらず喧嘩を売ってくる死神の騎士にほくそ笑むくらいの楽しみにはなります。