DRAGON FANTASYの攻略情報 / ボス攻略


DRAGON FANTASYの攻略情報/ 攻略チャート/ 味方キャラ/ 魔法/ 武器/ 防具/ アクセサリ/ アイテム/ 小さなメダル/ システム/ その他

※1.Ax+Bターンの表記について
Bのターン数に採用候補になった後、Aターン毎に周期的に採用候補となる。
例として、5x+2ターンの場合、2ターン目に採用候補になった後、7、12、17〜と、5ターン毎に採用候補となる

※2.優先度について
行動内容の[]内の数字は優先度を表す。
優先度が大きい程選ばれやすいが、行動選択の確率はプレイヤーキャラクターに与える影響の大きさで変化するため、状況によっては、優先度が低い行動が選択されやすくなる事もある
なお、優先度の最大値との差が10以上離れている行動は選択されない。

※3.自壊行動について
太字の行動名は当該行動を行った直後に実行者が死亡する事を表す。
その行動によりプレイヤーが全滅しない場合即座にプレイヤーの勝利となる。
又、一部の敵は額面上のHP以下のダメージで死亡扱いとなるが、これも原理は異なるが自壊行動の一つと言える。
そのような敵の場合、額面上のHPに加えて実質HPを斜体で併記する(但し、ツクールの仕様により真の実質HPは下記の物より僅かに少ない)。

ガーランド

HP140 MP16 攻撃力47 防御力16 魔力32 素早さ20

カオス神殿に登場する
戦闘不能以外の状態有効度がB。だが序盤の為、方法が少ない
武道家(天空編パッチ導入後なら忍者も)の足払い(80%で転倒)、吟遊詩人の子守り歌(56%で睡眠)辺りが候補か
Lv6以上なら主人公のブレイバー(スタン)や誘う踊り(64%)も候補に入る
睡眠状態にして魔法で攻めるのが面白いかも

行動内容
[50]通常攻撃

グツコー/グツコー子分×3

シャンパーニの塔に登場する

グツコー
HP176 MP20 攻撃力75 防御力16 魔力20 素早さ51
毒属性有効度がA(ただし、毒の状態有効度はE)
他、暗闇と睡眠の有効度がC

行動内容
[50]通常攻撃
[60]ギラ/4x+4ターン

グツコー子分
HP68 MP10 攻撃力40 防御力31 魔力40 素早さ28
暗闇、後ろ、転倒の有効度がB。他の状態有効度や属性有効度はC。
場合によっては全体攻撃等で潰した方が早いかもしれない

行動内容
[41]ルカニ
[50]通常攻撃

リッチ

HP505 MP100 攻撃力75 防御力28 魔力50 素早さ33

ピラミッドに登場する
アンデッドらしく弱点が多い。
属性倍率Aは、対不死系、炎〇倍、光〇倍、火の息
試す事は殆ど無いと思われるが、この時点で可能な状態異常攻撃の内、睡眠、スタン、驚き、踊りの有効度がD。
ホイミンは土属性有効度Eなので、クェイクによるダメージがほぼ0。
因みに、リッチの使用するクェイクは通常のクェイクよりも威力が低い

行動内容
[50]通常攻撃
[50]ギラ
[50]デイン
[50]ヒャド
[70]クェイク/6x+1ターン

チョコボイーター

HP338 MP29 攻撃力108 防御力37 魔力23 素早さ27

チョコボの森に登場する
暗闇、睡眠、スタンの有効度がC
眠らせてから魔法だけで攻撃すれば一方的に削れる(ラリホー:魔法使い、吟遊詩人、ホイミスライム)

行動内容
[50]通常攻撃
[60]ドレイン/3x+3ターン

ミドガルズオルム

HP2000 MP152 攻撃力166 防御力63 魔力88 素早さ66

ギサール北の沼地に登場するイベントボス。
ギサール到着時点で倒すことは想定されていないが、ある程度レベルが上がったら青魔法「ベータ」の為に倒しておきたい。
カシュオーン城で星降る腕輪(回復役用)とソウルセイバー(アスピル斬り)を取った後なら楽に倒せるだろう。
MPを削りきればベータもべギラマも使えなくなり、単発攻撃のみとなる。
防御重視のパーティーでスクルトを掛け、先制出来る素早さの回復役を用意すれば、あとは正攻法で倒せる。
この時点でのMP吸収技は、すごろく場のアスピル、ドリッピーが落すマジックハンマー(カシュオーン城やアルテア東の地下道等)、カシュオーン城のソウルセイバー。
守備半減の異常発生率がA。混乱、睡眠、猛毒、呪い、踊り、フリーズ、ヒートはD。他の状態異常は無効。
低レベルで挑むなら、眠らせてからの魔法攻撃である程度削っておきたい。

行動内容
[42]ベギラマ
[50]通常攻撃
[100]ベータ/HP1000以下


オルトロス

HP599 MP36 攻撃力76 防御力40 魔力52 素早さ57

ネプト神殿に登場する。
弱点は炎〇倍、雷〇倍。
いかずちの杖があれば、瞬殺できる。

行動内容
[50]連続攻撃
[50]巻きつき/{(a攻撃力×0.35)-(b防御×0.175)}×0.9〜1.1の単体攻撃。物理属性。状態変化「麻痺」
[50]すみ/{(a攻撃力×0.15)-(b防御×0.075)}×0.9〜1.1の単体攻撃。水4倍属性。状態変化「暗闇」
[60]八本の足で攻撃/5x+2ターン。(a攻撃力×0.3-b防御×0.15)×0.8〜1.2の全体攻撃。物理属性。物理攻撃扱い。基本命中率80%

サラマンダー

HP607 MP20 攻撃力88 防御力44 魔力47 素早さ35

エンゴウ北の火山に登場する
因みに敵の使用する〇の息は消費MP0
弱点は対竜、氷〇倍、氷の息

行動内容
[50]通常攻撃
[60]火の息/4x+1ターン
[60]火炎の息/4x+3ターン

マリリス

HP850 MP100 攻撃力84 防御力63 魔力42 素早さ50

エンゴウ北の火山に登場する
弱点は氷〇倍、氷の息

行動内容
[50]連続攻撃
[50]火炎斬り
[50]五月雨斬り
[60]メラミ/3x+3ターン
[60]ベギラマ/同上
[70]剣の雨/HP85以下。(a攻撃力×0.25-b防御力×0.125)×0.9〜1.1の全体攻撃。物理4倍属性

キラーパンサー

HP454 MP28 攻撃力111 防御力44 魔力69 素早さ84

ラーの洞窟(仮)に登場する
守備半減の状態有効度がB、攻撃半減と睡眠はC。後ろ、転倒以外の有効度がD
眠らせてから魔法攻撃で攻めるのがベター。
因みに、トンベリの祠等でザキを習得しているなら、使用してみるのも面白い。

行動内容
[50]通常攻撃
[60]稲妻/2x+2ターン使用

バトルレックス

HP911 MP34 攻撃力170 防御力57 魔力131 素早さ83

カシュオーン城に登場し、倒すと仲間になる
対竜属性有効度A。守備半減の状態有効度がB。攻撃半減はC。他はD。
眠らせてから毒と魔法のみで攻撃すれば、運次第で無傷でも倒せる。
ザキで一発KOを狙うのも手。

行動内容
[43]火炎の息
[50]通常攻撃


ボストロール

HP1050 MP23 攻撃力150 防御力50 魔力75 素早さ51

サロニア城に登場する
沈黙と守備半減の異常発生率がA。毒、睡眠、猛毒はC。戦闘不能、石化、フリーズ、ヒート以外の状態異常はD。
眠らせてからの毒魔法で完封可能。
確実にルカナンを防ぎたいなら、沈黙にするか、MPを吸収しておく。(MP23)

行動内容
[50]通常攻撃
[50]痛恨の一撃/3x+1ターン。(a攻撃力×0.3-b防御力×0.15)×0.9〜1.1。物理4倍属性。物理攻撃扱い
[60]ルカナン/5x+1ターン

クラーケン・触手×2

クラーケン
HP1000 MP77 攻撃力120 防御力56 魔力25 素早さ48

異常発生率B=守備半減。異常発生率C=暗闇
異常発生率D=毒、沈黙、バーサク、混乱、睡眠、スタン、驚き、猛毒、踊り

行動内容(両触手死亡前)
[50]通常攻撃
[50]ウォータ
行動内容(両触手死亡後)
[56]コーラルレイン
[60]通常攻撃

触手
HP340 MP0 攻撃力100 防御力42 魔力60 素早さ50

異常発生率A=守備半減。異常発生率C=バーサク。異常発生率D=毒、沈黙、混乱、麻痺、猛毒、呪い

行動内容
[50]通常攻撃

幽霊船に登場する
物理攻撃力はまるで高くないので、MP(77)を枯渇させて全体攻撃を封じてしまえば問題なし。
触手と本体には低確率で混乱が効く。スクルト、アスピル、触手退治の過程に全体混乱技(メダパニ)を挟めばより安全に攻略できる。

ティアマット

HP1200 MP200 攻撃力110 防御力72 魔力44 素早さ73

属性有効度A=対竜。状態有効度C=守備半減。D=暗闇

天空城に登場する
状態抵抗はほぼ完備なので、正攻法で挑むしかない。
軽減出来ないバギマと、後半からのクラウダが痛い。
忍者(天界パッチ限定)が居るなら、高い攻撃力からのアスピル斬りでMP200を速攻で削りたい。
ここまでのメダルを全て取っていればバイキルトの書を貰えるので、いっそ後衛はアスピルと補助だけの捨て駒にして、物理攻撃役(ドレイン斬りやチキンナイフ等)にフレイムシールドと回避装備を付け、スカラとバイキルトを掛けて一騎撃ちに持ち込むのも手ではある。

行動内容
[46]火炎の息
[50]連続攻撃
[48]クラウダ/HP600以下
[60]ジェット噴射/5x+5ターン。全体攻撃。状態変化「バーサク」&「ヒート」。命中率50%
[60]バギマ/5x+2ターン

カオス

HP3000(1500) MP300 攻撃力180 防御力80 魔力85 素早さ77

状態有効度C=守備半減。D=暗闇

過去のカオス神殿に登場する
異常抵抗はほぼ完備で単発攻撃力も高い。全体攻撃も痛い。
出会い頭のクェイクは全員に70程度のダメージで、以降の全体攻撃は約40ダメージ。しかし来るターンには規則性がある。
全体攻撃が来るターンに合わせて防御と全体回復をしていればまず全滅はしない。但しホワイトウィンドを主軸にするならば、消費MPが多いのでマジックハンマーが必須になる。
まだ全体回復が使えないならば、力の盾、ベホイミ、祝福の杖を分散させて回復役を多めに確保しないと、死人が出る。

カオスの敏捷は77と高目なので、星降る腕輪をつけていなければほぼ後攻になる。回復役の敏捷には注意。全体回復を後出し、単発回復を先出しに出来れば磐石。
ゲームを順当に進めていればバイキルトがそろそろ使える。トンベリ、チキンナイフ、逃げていなければブレイブブレイド(天界編のみ)などの超攻撃役を強化すれば、速攻撃破を狙える。回復力に自信が無いならばこちらの戦術で乗り切りたい。

行動内容
[50]メラミ
[50]ライデイン
[53]通常攻撃
[60]ヒャダイン/3x+1ターン
[60]バギマ/同上
[100]クェイク/1ターン

オルテガ

HP820 MP30 攻撃力204 防御力72 魔力55 素早さ38

属性有効度A=対人。状態有効度C=暗闇、守備半減

フィン城に登場する
アスピルでMPを枯らして暗闇状態にさせてしまえば楽勝。
・戦闘後、オルテガの兜を貰う

行動内容
[50]バギマ
[50]ライデイン
[59]通常攻撃
[100]ベホマ/HP492以下で使用


テュポーン

HP1104 MP140 攻撃力167 防御力72 魔力73 素早さ73

属性有効度A=対空、炎4倍、氷〇倍。状態有効度D=暗闇

飛空艇で帝国に乗り込むイベントの途中に登場する。
この戦闘からシドー戦まではメンバー変更が出来ないので、目先の弱ボスよりもシドー戦を見据えて、ベホイミ使いを沢山、風:フバーハ、土:スクルト、青:ホワイトウィンドとマイティガード(パラメキア城内でドロップ)を使えることを優先させたい。
恐らく設定ミスだが、「炎4倍」の特技に弱い。炎4倍には、火炎放射、マスタードボム、火炎斬り(玉葱)、メラミ等の多くの対単体主力スキルが該当する。なお、フレイムタンの通常攻撃等は炎1倍なので、効果は無い。
炎4倍を使わないのであれば、別の弱点である対空と氷系を突けば良い。
この時点ならば、雪だるまロンド、氷の刃、ジャンプ、ヒャダルコだろうか。敵単体への威力が劣る技が多く、炎系と比べると余りダメージが見込めない。
いずれにせよ、弱点を突けるメンバーを複数人用意すれば楽勝である。

特殊攻撃
[46]火炎の息
[50]通常攻撃
[50]メラミ/5x+3ターン
[60]バギマ/5x+5ターン

皇帝

HP835 MP200 攻撃力118 防御力85 魔力64 素早さ95

属性有効度A=対人。状態有効度C=守備半減。D=攻撃半減

パラメキア城に登場する
HPは低いが、バギマとベホマラーを持ち、お供の黒騎士も攻撃力が中々強い。
強力な全体攻撃で速攻でお供を倒して不安要素を排したい。シドー戦の前にHPMPが全快するので、出し惜しみは不要である。

行動内容
[45]バギマ
[50]メラミ
[50]ドレイン/HP418以下
[60]ベホマラー/5x+2ターン
[60]バギマ/5x5ターン

シドー

HP3300(1650) MP200 攻撃力243 防御力130 魔力80 素早さ76

属性有効度A=対竜、ルカニ。状態有効度A=守備半減

パラメキア城に登場する。一度目はイベント戦であり必ず敗北する。2戦目の最初にHPMPが全快する。
状態異常は全く効かず、高い単体攻撃力と全体攻撃を持つ。
フバーハを掛けた上で吟遊詩人の癒しの詩(Lv16)や青魔道士のホワイトウィンドで回復するようにしたい。
物理攻撃も強力なので、スクルトと、出来るならばマイティガード(ガーディアンからドロップ)が欲しい。
対竜属性に弱いが、この時点での対竜攻撃は、Lv17ピエールのドラゴン斬りか、逃走0回状態のブレイブブレイドのみである。

行動内容
[44]火炎の息
[44]氷の息
[50]通常攻撃
[60]ルカナン/6x+1ターン
[60]激しい炎/6x+3ターン
[60]凍える息/6x+6ターン

ルビカンテ

マントを開いている
HP2400 MP500 攻撃力250 防御力100 魔力130 素早さ80

属性有効度A=氷〇倍、氷の息。状態有効度E=全て

行動内容
[50]ベギラマ
[50]マスタードボム
[55]通常攻撃/優先度大
[70]火燕流/4x+3ターン。(50+a魔力×0.125-b魔力×0.0625)×0.9〜1.1。炎4倍属性。消費MP12
[100]マントを閉じる/4x+4ターン

マントを閉じている
HP2400 MP500 攻撃力200 防御力100 魔力80 素早さ60

属性有効度E=炎〇倍、氷〇倍、〇の息。D=他全て。状態有効度E=全て

行動内容
[50]メラミ
[50]ベギラマ
[55]通常攻撃
[100]マントを開いた/4x+4ターン

大灯台に登場する。戦闘前にHPとMPが全快する。マントを閉じると殆どダメージを受けない。
フレイムシールドか炎の指輪(ジパング売り)を用意したい。息攻撃は無いのでフバーハは無意味である。
炎耐性の有無によって難度が劇的に変化する。
ベギラマは無耐性なら全体70ダメージと、無視は出来ない。
3ターン目に放ってくる火燕流は、無耐性だと250程のダメージになり、即死しかねない。耐性装備をしていないメンバーは防御が無難。
氷の刃(ジパングのすごろくの店)装備者かモーグリ(ゆきだるまロンド)が有効。攻撃役は少数精鋭にし、防御と回復を充実させたい。
因みに、マントを閉じていてもオルテガのマジックブレイクは通常通り効果を発揮する。

グラコス

HP3000 MP300 攻撃力260 防御力113 魔力130 素早さ99

属性有効度A=雷〇倍。状態有効度C=守備半減。D=スタン、踊り、後ろ

海底神殿に登場する

雷が弱点、水が無効。玉葱剣士が居るなら、稲妻斬りで。低確率でスタンするので、勇者はブレイバーがお勧め。
耐性優先度は、水、物理、氷の順。海底神殿ではサンゴの指輪を一つ拾える。不安ならば、ジパングで買い足しておこう。天空城で買える水の羽衣でも良いが、水抵抗低防御鎧には今後の出番は少ないだろう。
最強技のメイルストロムは無耐性なら全体120程度。来るターンは固定なので、対策は容易。
2ターン目のなぎ払いまでにスクルトを2回唱えておけば、物理攻撃も殆ど脅威ではなくなる。
終盤のボスにしては強くないと言える。

行動内容
[42]ヒャダイン
[42]コーラルレイン
[50]通常攻撃
[60]なぎ払い/4x+2ターン。(a攻撃力×0.3-b防御×0.15)×0.9〜1.1
[60]メイルストロム/4x+4ターン


皇帝

魔法耐性モード
HP6800(3400) MP600 攻撃力360 防御力130 魔力200 素早さ120

属性有効度C=物理、物理4倍、対空、対竜、対不死、対人、対メタル、会心
E=無4倍、炎〇倍、氷〇倍、雷〇倍、水〇倍、土〇倍、風〇倍、光〇倍、闇〇倍、毒〇倍、ルカニ、〇の息、吸収
状態有効度E=全て

物理耐性モード
HP6800(3400) MP600 攻撃力360 防御力999 魔力200 素早さ120

属性有効度C=無4倍、炎〇倍、氷〇倍、雷〇倍、水〇倍、土〇倍、風〇倍、光〇倍、闇〇倍、毒〇倍、〇の息、吸収、会心
E=物理、物理4倍、対空、対竜、対不死、ルカニ、対人、対メタル
状態有効度E=全て

パンデモニウムのボス。
必勝法が無く、総力戦を要求される。

バリアチェンジによって物理耐性モードと魔法耐性モードが入れ替わる。最初は魔法耐性モードで、物理攻撃が有効。
どちらのモードについても、ルカニを含めた全ての状態異常は効かない。
多くの戦士系キャラの属性特技(モグの踊り、玉葱の火炎斬り、武道家のドルフィンブロウ等)はどちらのモードにも全く効かない。物理耐性時には力依存特技は防御999に阻まれ、魔法耐性時にはその攻撃属性故に無効になる。
防御無視スキルは幾つかが有効。魔神斬りはどちらのモードにも有効。盗賊の証は物理耐性モード時に有効。爆裂拳とメタル斬りは物理耐性モード時に無効なので通常攻撃と同等であり、意味が無い。
勇者の魔神斬りをメインに据えるたくなるが、勇者は風毒耐性を持ちにくいために死に易く、補助が切れやすい。どちらの耐性モードについても、それぞれもう一人は攻撃役がいないと安定しないだろう。

耐性優先度は、物理防御、風、毒状態、毒、火、氷。最も脅威となるフレア(234〜286ダメージ)は耐性では防げず、毒属性は対応する防具がフォースアーマーのみである。
吸収攻撃が最も頻度が高く、これを放置すると長期戦になってしまう。スクルトかマイティガードを常に維持したい。フレアによる死者が出やすいので、再補助の為にスカラも欲しい。
風抵抗はヒュプノクラウン、火抵抗はレッドジャケット、スノーマフラー等。ヒュプノクラウンは競合する防具がなく、この戦いでは使いやすい。装備可能者全員に着けても良い。
フォースアーマーは他部位で物理防御を補えるピエールでないと打撃で死にかねない。毒状態は厄介だが、モグがいるなら森のノクターンでついでに治療が出来る。

MP吸収に抵抗を持つ希少なボスである。MP吸収をあてにした戦術で挑むならば、吸収者の魔力は最低120は無いと厳しい。
魔法耐性モードでは完全吸収耐性で、物理耐性モードは通常耐性なのだが防御力999のせいで力依存系のMP吸収(アスピル斬り、不思議な踊り、竜剣)が効かず、魔力も200と高い為に魔力依存系(アスピル、マジックハンマー)でもあまり吸い取れない。
全体回復役にはスリースターズ(メダル女王の60枚目報酬)が欲しい。
オルテガのマジックブレイクは魔法耐性モードでも攻撃力依存のダメージを与えられる(適正レベル時なら一発80程度)。バイキルトを併用すれば魔法耐性モード時に総MP(600)を削りきるのも難しくないのだが、両モードではMPを共有しておらず物理耐性モード時は依然として魔法攻撃を継続してくるので、あまり意味は無い。

バリアチェンジに1ターン掛ける点が狙い目。皇帝の敏捷は120なので、殆どのキャラは後攻になる。チェンジするターンでは、無駄な防御をせずに確実にダメージを与えたい。

行動内容
[45]クラウダ
[45]メラゾーマ
[45]ヒャダイン
[45]フレア/(30+a魔力0.175)×0.9〜1.1の単体攻撃。無4倍属性。防御無視。消費MP12
[50]吸収攻撃/(a攻撃力×0.5-b防御×0.25)×0.9〜1.1の単体攻撃。物理属性。物理攻撃扱い
[100]バリアチェンジ/4x+4ターン
[100]バギクロス/5x+5ターン

エビルプリースト、マインドフレイア×3

エビルプリースト
HP3000 MP504 攻撃力300 防御力138 魔力160 素早さ126

属性有効度A=対人、C=他全て。状態有効度E=全て

行動内容
[50]クラウダ
[50]バギクロス
[50]シャドウフレア/(35+a魔力×0.175)×0.9〜1.1の単体攻撃。闇4倍属性。防御無視。消費MP12
[50]ジハード/HP1500以下
[60]マホトーン/8x+1ターン
[60]マヌーサ/8x+3ターン
[60]ラリホーマ/8x+5ターン
[60]ザラキ/8x+7ターン

マインドフレイア
HP305 MP44 攻撃力172 防御力97 魔力129 素早さ98

属性有効度C=全て。状態有効度B=混乱以外全て。E=混乱

行動内容
[50]通常攻撃
[50]マインドブラスト

次元の狭間、南東のほこらに登場する。
闇、毒、風という耐性を付け難い属性の魔法+妨害呪文+お供(単体混乱)*3に加え、途中からジハードを繰り出してくる。
ステータス的には強くは無いが、無策で戦うと返り討ちに遭いかねない。

MPが0になると何もしなくなるので、MPを削る戦術が有効。この場合は早期に決着が付くので、属性抵抗はほぼ不要。状態異常抵抗の方が重要である。
状態異常抵抗装備は、リボンが2つ(完全)、ミネルバビスチェ(5割)、あとは補助役にホワイトケープ(沈黙100%)。役割に応じて分散させよう。
1ターン目でマインドフレイアを殺せないのなら、混乱耐性も欲しい。このレベルで前衛キャラにパーティーアタックをされると手に負えない。

お供も本体も全ての属性攻撃が有効で、お供はHPも低い。最初のターンでアルテマ等の全体攻撃を使ってお供を一掃しよう。
次のターンからMPを削る作業を開始。オルテガ、モグ、竜騎士、忍者が居るならバイキルトを掛けてMP攻撃、居ないのなら魔法系のMP吸収技を複数人で使う。物理攻撃はお供しかしてこないので、スクルトは不要である。
奇数ターンの優先行動のために、ほぼ2ターンに1回しか全体攻撃を喰らわない。回復重視で慎重に削っても、7ターン目のザラキを出させずにMPは0になる筈である。

ムドー

HP3400 MP500 攻撃力340 防御力120 魔力200 素早さ120

属性有効度C=全て。状態有効度C=沈黙、守備半減。D=睡眠

次元の狭間、南西のほこらに登場する

全ての攻撃に有効な対策がある。
灼熱 → フバーハ + 属性防具で完全耐性(ドラゴンローブ、英雄の盾、ドラゴンシールド)
メダパニ → リボン、ラミアのティアラ、精霊の鎧
フレア → 沈黙

完封パーティーの例としては、勇者(英雄の盾、リボン) 竜騎士(フバーハ、ドラゴンシールド、精霊の鎧、素で混乱耐性有り) 魔法使い(スクルト、サイレス、ラミアのティアラ、ドラゴンローブ、星降る腕輪) の3人。あとの一人は保険サイレス使いでも回復でもお好みで。
1ターン目にフバーハと先攻サイレス。サイレスに失敗してもメダパニは効かない。
あとはスクルトを重ね掛けして殴り続けるだけである。

行動内容
[50]通常攻撃
[50]フレア/(30+a魔力0.175)×0.9〜1.1の単体攻撃。無4倍属性。防御無視。消費MP12
[60]灼熱/3x+3ターン
[100]メダパニ/5x+1ターン

ツインタニア

通常形態
HP5000 MP300 攻撃力350 防御力140 魔力150 素早さ80

属性有効度C=全て。状態有効度E=全て

行動内容
[47]アースシェイク
[50]通常攻撃
[60]フレア/(30+a魔力0.175)×0.9〜1.1の単体攻撃。無4倍属性。防御無視。消費MP12
[60]メイルストロム/1ターン
[100]ギガフレアためる/6x+5ターン。ギガフレア準備形態へ移行
[60]防御する/6x+7ターン
[60]メイルストロム/6x+8ターン

ギガフレア準備形態
HP5000 MP300 攻撃力350 防御力1 魔力1 素早さ1

属性倍率C=全て。異常発生率A=戦闘不能、石化。E=全て

行動内容
[50]ギガフレア/(120+a魔力0.125)×0.8〜1.2の全体攻撃。無4倍属性。防御無視。使用後に通常形態へ移行

次元の狭間の北東のほこらに登場する
ギガフレアは適正レベルで防御無しに喰らったら全滅必至。初見殺しにつき注意。

原作と同じく、ギガフレア準備中が弱点。エネルギーを集めだしたら、防御と敏捷が1に、そして即死耐性と石化耐性が皆無になる。
戦闘開始からギガフレアまでのパターンは メイルストロム → (アースシェイクor通常) → フレア → (アースシェイクor通常) → 溜め → ギガフレア となる。 即死魔法を使えるメンバーを複数用意し、残りは捨て石の回復役。防御と回復に専念して最初4ターンをやり過ごし、次のターンから即死魔法を使えば勝利出来る。
即死と石化は1割程の確率で失敗するので、これらの魔法は2人以上に唱えさせよう。

ギガフレアは全員に500程度のダメージ。適正レベルならば防御すれば何とか生き残れるので、即死魔法を使えずとも一応勝つことは出来る。

2ヘッドドラゴン

次元の狭間の北西のほこらに登場する
HP4000 MP0 攻撃力580 防御力112 魔力100 素早さ80

属性有効度A=対竜。C=他全て
属性有効度A=バーサク。C=守備半減。E=他全て

単体通常攻撃のみ。単純だが、その超火力は侮れない。
一撃に耐えられる防御とHP、敏捷80より先に行動できるベホマ・レイズ使いを複数。あとは正攻法あるのみである。
盾装備とマイティガードのある青魔道士、専用回避装備と対竜剣技と回復まで併せ持つピエールが有効。
そよ風のマント、黒装束、メタルスライムの回避UPは恩恵が大きい。
盾無し職や後衛職は即死の危険が高い。MP0のためMP吸収は無意味。
バーサク状態にすると、通常攻撃の基本命中率が90%から100%になってしまう。MPの無駄なので止めておこう。

特殊攻撃
・なし


ゾーマ(1回目)

次元の狭間に登場する
HP4000 攻撃力400 防御力160 魔力200 素早さ150

属性有効度C=全て。状態有効度D=守備半減。E=他全て
ラスボス戦後にはセーブするタイミングは無いので、以後アイテムを惜しむ必要は無い。(天界編も同様)

氷耐性と氷の息耐性と即死耐性で少し楽が出来る。
該当する耐性装備は、英雄の盾、アイスシールド、氷の指輪、ドラゴンローブ、ドラゴンシールド、フォースアーマー、黒装束、リボン等。
しかしこれらの耐性は2戦目ゾーマではあまり要らないので、無理に揃える必要は無い。
メテオは耐性では軽減出来ない。ターン数を数え、しっかりと防御を。

この戦闘は前哨戦で、次が本番。
次の戦闘までに回復と装備変更は出来るが、パーティーメンバーは変えられない。

行動内容
[45]ブラスター
[48]マヒャド
[50]通常攻撃
[45]マヒャド/HP2000以下
[60]フリーズ/5x+4ターン
[60]輝く息/5x+5ターンの倍数ターン
[100]メテオ/7x+7ターンの倍数ターン

ゾーマ(2回目)、右手、左手

ゾーマ戦闘後、階段を下りると登場する。1戦目の後に回復と装備変更をしておくこと。
本体 HP7000(5600) MP400 攻撃400 防御力200 魔力180 素早さ150
属性有効度D=ルカニ。C=他全て。状態有効度C=守備半減。E=他全て

行動内容
[50]通常攻撃
[50]フレア
[50]衝撃波/(a攻撃力×0.3-b防御力×0.15)×0.75〜1.25の全体攻撃
[90]瞑想/MP40以下。MP全回復
[60]闇の波動/7x+2ターン。全体攻撃。状態変化「暗闇」「バーサク」「混乱」「猛毒」「呪い」。命中率70%
[60]ジハード/7x+3ターン
[60]アポカリプス/7x+6ターン。(30+a魔力×0.175-b魔力×0.0875)×0.9〜1.1の全体攻撃。無4倍属性。消費MP20
[100]リバースエナジー/7x+7ターン。右手と左手が再生

右手 HP1000 MP0 攻撃380 防御力100 魔力400 素早さ200
属性有効度A=ルカニ。C=他全て。
状態有効度A=守備半減、攻撃半減。D=戦闘不能。E=他全て

行動内容
[50]通常攻撃

左手 HP1000 MP500 攻撃力1 防御力350 魔力80 素早さ100
属性有効度A=不死専用、対不死、ルカニ。C=他全て。
状態有効度A=守備半減。D=スタン、驚き。E=他全て

行動内容
[50]ホワイトウィンド
[50]マスタードボム
[50]アクアブレス
[50]アースシェイク
[50]トライン
[60]バギクロス/3x+3ターン
[60]メラゾーマ/3x+3ターン
[60]マヒャド/(3x+3ターン

全体と単体の両攻撃が驚異的な威力である。フレアから他の攻撃に繋がると死者が出やすく、まともにやっては全体の回復が追いつかない。
攻撃役はバイキルトを受けた1名に絞って、残りの3人からは常に1〜2名を防御に回す事をお勧めする。継続的にフレアと右腕攻撃の防御に成功すれば、回復にかなりの余裕が生まれる。

右手は通常攻撃のみながらも攻撃力が高いので、スクルトorマイティガードでの防御上昇はほぼ必須。頻度は少ないながらもゾーマ本体も物理攻撃をしてくる。
右手にはオルテガのウェポンブレイクが必ず効く。半減状態ならば放置しても無害である。半減系の異常はジャスト5ターン持続する。

パーティーが充分に育っているならば、左手(HP約1000)には各最強系の技を叩き込んで潰しておくとよい。
しかし適正レベルでの攻略ならば、7ターンで復活する高防御の左手を毎回倒す余裕は無いと思われるので、MPを吸い尽くして放置することをお勧めする。
数多くの属性攻撃魔法を担当する左手に攻撃させないことによって、闇以外の属性防御を気にせずに済む、という点でも有利になれる。
左手は防御が高く、打撃系MP吸収特技の効きが悪い。まずはルカニかルカナンを掛けてから吸い尽そう。

ジハードは耐性がないと200↑ダメージ、アポカリプスは無属性なので軽減不可の200↑ダメージ。
これらの直前のターンでは回復を欠かさずに行い、なるべく防御して乗り切ろう。

2ターン目の闇の波動は中々にやっかいで、恐らくは耐性装備が足りないだろう。混乱耐性はリボン2個とラミアのティアラ1個しかない。(精霊の鎧をつける余裕があるなら話は別だが)
敏捷140以下の勇者(Lv25:光の波動)か青魔道士(天使のおやつ)にリボンをつけ、決め打ちで全体治療をさせれば、星降る腕輪をつけても問題が無くなる。
(星降る腕輪で先攻行動→闇の波動で混乱する→治療 の順に1ターン内に行うので、ほぼ確実に行動不能にならずにすむ)

マジックマスター

HP2830 MP450 攻撃1 防御力999 魔力111 素早さ98
属性有効度E=ルカニ。C=他全て。状態有効度D=呪い。E=他全て

魔道士の塔のボス。倒すとアルテマの本が手に入る。バリアチェンジは未実装。
他より頻度が高めの火と氷、特にメラゾーマに関わる火属性抵抗は抑えたい。必要ならば、ジパングの属性指輪とゴッドサイドの属性盾で追加しよう。
風と水はあったら良い程度。しかしヒュプノクラウン(風)は他の後半のボス戦でも役立つので、まだ持っていないのなら買っても損は無い。

有効な職は、フォースアーマーを装備出来る回復役であるオルテガかピエール(メタルスライムが有れば先攻可能)、フレイムシールドを装備できる青魔道士等。
魔法でなくとも、メタル斬り(ピエール)、魔人斬りとアルテマソード(勇者)、爆裂拳(武道家)、盗賊の証(盗賊)ならばダメージを与えられる。

450のMPを削ってアルテマを封じてから倒すのが正攻法。ラスピルとマジックハンマーでそれぞれ1発30MP程度削れる。これを2名用意すれば苦も無く倒せるだろう。打撃系の吸収特技は効かないので、オルテガ、ソウルセイバー、モグ、竜騎士には出番は無い。
又、アルテマ(316〜386ダメージ)を発動させてしまっても、防御すれば200程度までダメージを抑えられるので、頃合を見て一人に防御をさせれば、適正レベルでも生き残れるだろう。

因みに、「呪い」状態時のアルテマによるダメージは266〜326。

行動内容
[50]メラゾーマ
[50]ベギラゴン
[50]マヒャド
[50]フリーズ
[50]バギクロス
[50]メイルストロム
[100]アルテマ/HP1415以下
[100]何もしない/MP4以下

玉葱仙人

HP1200 MP63 攻撃212 防御力103 魔力164 素早さ137
属性有効度C=全て。状態有効度C=暗闇、守備半減。D=攻撃半減。E=他全て

行動内容
[50]通常攻撃

玉葱剣士の聖地に登場する
・暗黒剣を連発すれば勝てる
・勝つとオニオンソードが手に入る

暗黒剣(Lv28)を覚えるまでレベルを上げれば楽勝になるが、もっと早期にオニオンソードを手に入れたいならば、下記装備と戦術で。
 フラタニティ メタルキング鎧 グランドヘルム そよ風のマント オーガシールド
 2撃喰らったら死ぬ状況でハイポーションを使用し、それ以外なら攻撃。盾・鎧・兜は防御力が高ければ何でも良し。武器は攻撃力が高ければ何でも良し。

これでLv15で撃破可能。
武器をブレイブブレイド(最強)にしてハイポーションを惜しまないなど、限界を突き詰めればLv10まで下げられる。
アイテムを使いたくないならブラッドソードのドレイン斬りで。但しエーテル無使用で倒したいならば、結局Lv20台が必須になるだろう。

ディアボロス

HP4000 MP400 攻撃300 防御力120 魔力200 素早さ100
属性有効度A=光〇倍。E=闇〇倍、毒〇倍。C=他全て。状態有効度E=全て

行動内容
[50]シャドウフレア/(35+a魔力×0.175-b魔力×0.0875)0.9〜1.1の単体攻撃。闇4倍属性。防御無視。消費MP12
[57]通常攻撃
[100]ジハード/5x+5ターン

・魔法のランプを使うと登場する
・ジハードの本とダークマターを落とす

闇耐性が無いとジハードで200、シャドウフレアで300程度のダメージ。
闇属性を防ぐ防具は、マクシミリアン、デモンズメイル、フォースアーマー、白のローブ 以上の4つ。光属性攻撃は、エクスカリバーとグラディウス。攻撃魔法はホーリー。武道家が居るならオーラキャノン。光の剣では攻撃力が足りないだろう。
正攻法で行くならば、上述の攻撃手段で攻撃、ジハードが来るターンは全員防御し、次のターンで先攻回復。
シャドウフレアによる攻撃役の即死を避けるには属性防御が要求されるので、グラディウスや軽装の武道家は使いにくい。(あくまで正攻法の話。詳しくは後述)
回復役にも闇抵抗を装備させたい。回復に加えてスクルトも使える白魔道士や、メタルスライムとデモンズメイルを装備したピエールが適任。次点で闇抵抗を着けたオルテガか勇者。

裏道的に倒すなら、5ターン目までにMP400を削り取って闇魔法を封印する方向になる。
その主な選択は打撃系MP吸収特技。ソウルセイバー装備の忍者による超攻撃力からのアスピル斬り、オルテガ(魔人の斧)のマジックブレイク、など。攻撃力の高い槍を取っていて、パーティーに竜騎士かモグが居るなら、彼らでも問題無い。
Lv25程度の場合、忍者なら一発120(バリアントナイフ時)、他は大体60程度。忍者以外ならば、バイキルトとルカニ、ラスピルによる上乗せが要る。
ちなみにラスピルやマジックハンマーは一撃で大体40程度しか与えず、バイキルトやルカニでの底上げも出来ないので、魔法主体で5ターン目のジハードを防ぐ事は困難だろう。

更に裏技的な話になるが、アスピル斬りが使える状態で町(アリアハンで確認)から出て、出たらその場を動かずにセーブしてリセット、再開したらその場から一歩も動かずにソウルセイバーを別の武器に交換し直ぐに魔法のランプを使うことで、アスピル斬りを覚えたまま、攻撃性能の高い装備でディアボロスと戦うことが出来る。(装備品による特技更新イベントの仕様を利用)
これを忍者で行えば、ディアボロスのMPを即座に枯渇させ、そのまま超攻撃力光属性で屠れるだろう。(適正レベルで一発170MP、バイキルト込みでの通常攻撃で600近くのダメージ)