AviUtlプラグイン一覧 / サイト別 / Tatari SAKAMOTO's page


Tatari SAKAMOTO's page

  1. サイトトップページ…http://homepage3.nifty.com/monjya/index.jis.html
  2. 配布ページ…http://homepage3.nifty.com/monjya/aviutl.jis.html
  • CUDA Bilateral Denoise Filter  作者/Tatari SAKAMOTO(Takashi SAKAMOTO)氏  配布サイト/Tatari SAKAMOTO's page
    • アーカイブ内最終更新日/2008-12-17  Ver./0.1  アーカイブ(配布)ファイル名/cuda-bf-0.1.zip
      • 更新内容/初公開?
    • 初期ファイル名/cudaBFDenoise.auf  メニュー内プラグイン名/  表示場所/?
    • AviUtl対応Ver./?  GPU利用/CUDA【必須】  CPU高速化命令利用/?  CPUマルチスレッド高速化利用/?
    • 必須ファイル等/【別途】CUDART.DLL(32bit版、CUDA SDKから入手)  「Plugins」フォルダ内動作/?
    • インターレース対応/?  拡張編集plugin対応/?  YUY2フィルタモード対応/?
    • 制限/CUDAが有効でない場合には全く動作しません。
    • 取説同梱/ReadMe.txt  解説ページ/?  ソース公開/○(別途公開)
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/“Bilateral Filterを、NVIDIAのCUDA SDKを利用して書き上げたものです。” (自環境がCUDA非対応のため検証不可。)
  • Instant Video To-Go Output Plugin  作者/Tatari SAKAMOTO(Takashi SAKAMOTO)氏  配布サイト/Tatari SAKAMOTO's page
    • アーカイブ内最終更新日/2007-08-29  Ver./0.2  アーカイブ(配布)ファイル名/ivideo2goout-0.2.zip
      • 更新内容/(1)video 側の header に stss box を用意するように修正(default では 15frame 間隔で IDR Slice が用意されるようです)。 (2)video header 側の width, height が実際の width, height と異なっていたバグを修正。 (3)mdat 中に PPS が残るように修正。
    • 初期ファイル名/ivideo2go_out.auo  単体更新日/2007-08-29  AviUtl対応Ver./?(動作確認/?)
    • メニュー内プラグイン名/MP4(InstantVideo To-Go)出力  Ver./0.2  表示場所/プラグイン出力
    • VFR対応/×  出力フォーマット/MP4 File(*.mp4)
    • CPU高速化命令利用/?  CPUマルチスレッド高速化利用/?  GPU利用/?
    • 必須ファイル等/【同梱】pushfilter.ax、popfilter.ax 【別途】Instant Video To-Go パッケージに含まれているInstant Video To-Go ドライバ、Arc Media Converter、Visual C++ 2005 Redistributable Package (x86)  「Plugins」フォルダ内動作/?
    • ソース公開/○(別途公開)  取説同梱/ReadMe.txt  解説ページ/?
    • 制限/【配布ページより】『・Instant Video To-Go 側の制約で 640x480 ないし 320x240 のビデオ入力しか受け付けません。それ以上のサイズの場合には、640x480 の枠の中に切り取って収めることになります。 ・Instant Video To-Go 自身は排他利用ですので、この plugin を利用している状態で aviutl.exe などをもう一つ起動することは出来ません。』
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/【配布ページより】『ビデオのエンコードに Instant Video To-Go を、オーディオのエンコードに Open Source Software の faac を利用して H264/AVC 形式の mp4 ファイルを出力する plugin です。』
      AV Watchの記事(2007年6月15日)より+α】『フォーカルポイントコンピュータが発売する、USB 2.0接続のH.264エンコードユニット「Instant Video To-Go」。H.264のエンコードチップを内蔵し、ArcSoft製の付属ソフト「Media Converter 2」と連携して利用することで、エンコード速度を飛躍的に向上できるのだという。』
       (Instant Video To-Goを非所持のため検証不可。)
  • MPEG-4/AVC Output Plugin  作者/Tatari SAKAMOTO(Takashi SAKAMOTO)氏  配布サイト/Tatari SAKAMOTO's page
    • アーカイブ内最終更新日/2007-08-26  Ver./0.2  アーカイブ(配布)ファイル名/mp4out-0.2-bin.zip
      • 更新内容/(1)video 側の header に stss box を用意するように修正(Max KeyInterval 間隔でしか用意していません)。 (2)audio の言語設定が video 側の設定を利用していたバグの修正。 (3)mdat 中に PPS, SPS が残るように修正。
    • 初期ファイル名/mp4out.auo  単体更新日/2007-08-26  AviUtl対応Ver./?(動作確認/0.99i8)
    • メニュー内プラグイン名/MPEG4/AVC出力  Ver./0.2  表示場所/プラグイン出力
    • VFR対応/×  出力フォーマット/mp4(*.mp4)
    • CPU高速化命令利用/?  CPUマルチスレッド高速化利用/?  GPU利用/?
    • 必須ファイル等/【別途】Visual C++ 2005 Redistributable Package (x86)(msvcr80.dll)  「Plugins」フォルダ内動作/○
    • ソース公開/○(別途公開)  取説同梱/×  解説ページ/配布ページ
    • 制限/【配布ページより】『stss が存在しないと、起動時に緑色の画面になるようです。』
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/【配布ページより】『x264 codec 及び faac codec を利用して、MPEG-4/AVC 形式の mp4 ファイルを出力する plugin です。 この plugin に利用している x264 codec は x264-snapshot-20070704-2245、faac codec は faac-1.25 です。』
  • Windows Media Output Plugin  作者/Tatari SAKAMOTO(Takashi SAKAMOTO)氏  配布サイト/Tatari SAKAMOTO's page
    • アーカイブ内最終更新日/2007-08-26  Ver./0.11  アーカイブ(配布)ファイル名/wmvout011-bin.zip
      • 更新内容/(1)Audio Format を変更しても、設定ダイアログの表示に反映されないバグを修正しました。 (2)Audio Codec を変更した時に、Format Index が Format Count の中にあるかどうかチェックするコードを追加しました。
    • 初期ファイル名/wmv_output.auo  単体更新日/2007-08-26  AviUtl対応Ver./0.98以降(動作確認/0.99i8)
    • メニュー内プラグイン名/WMV出力  Ver./0.11  表示場所/プラグイン出力
    • VFR対応/×  出力フォーマット/WMV File (*.wmv)
    • CPU高速化命令利用/?  CPUマルチスレッド高速化利用/?  GPU利用/?
    • 必須ファイル等/【別途】Visual C++ 2005 Redistributable Package (x86)(msvcr80.dll)  「Plugins」フォルダ内動作/○
    • ソース公開/○(別途公開)  取説同梱/×  解説ページ/配布ページ
    • 制限/【配布ページ+α】『・Two-Pass Encode すると、残り時間がいい加減になる。 ・インターレース解除を Windows Media Codec 側で行う場合に、出力サイズの横幅が16の倍数以外だと、出力結果に緑色の線が入ってしまいます。』
    • 詳細/
    • 詳細[by管理人]/【配布ページより】『AviUtl の出力 plugin です。Windows Media Video9 及び Windows Media Audio9 codec を利用して、直接 wmv を出力します。Microsoft の 「Windows Media Video 9 VCM」を利用して圧縮した場合との違いは、出力結果が avi ファイル形式にならないこと、VCM をインストールしてない状態の Windows で再生可能であること、Windows Media Audio を利用することができること、の3点です。』

メニュー

AviUtlプラグイン

AviUtlマニュアル

更新履歴

最新の30件

2019-05-14 2018-05-10 2017-04-27 2011-01-12 2010-12-16 2016-09-04 2010-12-16 2016-07-01 2011-01-12 2010-12-16 2011-01-22 2011-01-12 2010-12-27 2016-11-27 2016-09-04 2015-12-24 2014-07-25 2014-07-20 2014-07-18 2014-07-14 2014-03-26 2014-03-09 2014-02-17 2014-02-15 2013-08-24 2013-07-08 2013-02-28

  • counter: 12408
  • today: 4
  • yesterday: 3
  • online: 1