MenuBar

カード枠について

  • カード枠はトレード時に関係したりします。
  • 提供
    • 443 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/09/26(水)01:59:08ID:sAapX1hW0
    • 435 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/09/25(火) 14:27:33ID:04teyusX0
    • 437 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/09/25(火) 17:00:48ID:ZToAztUO0

コラム

  • 昔を知らない人のために1.00〜1.10時代の排出率はウンコもいいとこ
  • レアが8〜10分の1でこれはいいんだが、鬼ブル+リンリン+ゴーストパックなる物があり鬼ブル単体なら200分の1以下か?
  • VRが250分の1でSRが500分の1と言われていた。 当時やってた人なら感覚でわかるはず
  • 現実に1カートン1000枚開けた人が上記データを提供してくれたし、
  • 俺自身16パック800枚開けてVR5枚SR0枚と言う瀬賀氏ねやって体験をしている
  • それゆえ旧枠SRってのは今の鉄竜なんかとは比べ物にならんほど高レートであった
  • 旧枠ってのはこの1.00〜1.10のカードのみに使える単語である
  • 裏面は白っぽいのが旧枠で黒っぽいのが新枠
    • 桜吹雪は言わずもがな
  • 表は
    • 旧:基本枠が黒、VRは枠下が色付、SRは枠下+申し訳ない程度に横側(の下のほう)が色付き
    • 新:C,UCは色付き、Rはもじゃもじゃが増えて、VR以上は枠が光る
    • 弐:新枠のもじゃもじゃが増えた、VRは+桜、SRはさらに左下にグゴゴゴゴな効果音が似合う模様がさらに+

解説

  • 旧枠
    • Ver1.1までに排出されたカードで、100種101枚。
    • なぜ1枚多いのかと言うと、アーミーアントが2種類あるため。
  • エラッタ(能力補正)前のバージョンと、エラッタ後のバージンで、能力はそれぞれ8/8と10/10。
    • 裏面のテキストも変更されている。
    • 旧枠のカード自体の特徴としては、コモン〜レアまではフレームが黒くなっている。
    • またレアはカード名と数値の部分が光っている。
    • VRとSRはフレームの下の部分以外は黒で、現在の物と同じようにVRはフレーム全体、SRはカード全体が光っている。
    • 裏面は薄いブルーがかかっている。
    • ※ヤフオクなどで「旧枠コンプリート100枚セット」としてあった場合、
    • 上記のアーミーアントのどちらかが欠けてる場合があるので注意。
  • 新枠
    • Ver1.2と1.3で排出されたカードで、計187枚。
    • カードの絵柄は全く一緒だが、フレームがそれぞれの特性の色に変更されている。
    • 裏面は薄い茶色で、紋章と羽のマークになっている。
    • ※弐から始めた人は、この「新枠」を「旧枠」と思い込んでいる人がいるけど、要注意。
    • 下手をすると、トレードの時に詐欺扱いされてしまう場合あり。
  • 弐枠
    • Ver2.0以降の排出カードで、計295枚。
    • 現行のバージョン。
    • 1〜100番のカードのみ、イラストの変更あり。
    • 各バージョンともフレームが網目模様に変更される。裏面は桜吹雪
  • EXカード(エキストラカード)
    • イベントの賞品や雑誌の付録など、計11枚がある。
  • EX01:ヘブンタウルス
    • ゲームぎゃざ03年11月号の付録カード。
    • 新規での入手は不可能に近い。
    • 古本屋に当該号があり、カードが残っていた場合のみ、新規入手可。
  • EX02:アルビノ
    • アルカディア03年11月号の付録カード。
    • ヘブンタウルスと同じく新規入手は不可に近い。
    • 同じように古本屋でのみ新規入手可能。
  • EX03:漆黒の美貌
    • アヴァロンの鍵魔導アカデミー入門&コンプリートガイドの付録カード。
    • 一般の本屋さんに残っている事もあり、新規での入手は可能。
  • EX04:ワルキューレゼロ
    • アヴァロンの鍵オフィシャルカードバインダーの付録。
    • 新規での入手は不可能。
    • アヴァロンの鍵で入手困難なカードの1枚。
  • EX05:クワガス
    • 魔導向上キャンペーンでの賞品。
    • 新規での入手は不可。
  • EX06:サラマンダーEX
    • 魔導向上キャンペーン2での賞品。
    • 新規での入手は不可。
  • EX07:エンペラー(絆)
    • アヴァロンの鍵オフィシャルカードバインダーエクスパンションキットの同梱カード。
    • 新規での入手は不可能。
    • 最も入手困難なカード。
  • EX08:ブレストナイト
    • 魔導向上キャンペーン3の賞品。
    • 新規での入手は不可。
  • EX09ジャンフィニー
    • アヴァロンの鍵弐オフィシャルカードバインダーの同梱品。
    • 新規での入手は困難。
  • EX10:エンペラー(愛)
    • 魔導向上キャンペーン4の賞品。
    • 新規での入手は不可。
  • EX11:千年の王(幻影)
    • アヴァロンの鍵フィギュアセットの同梱品。
    • 新規での入手は不可能に近い。
    • 付き合いがあったらしく、駄菓子屋みたいな所でフィギュアを売っていたとのレポートもあり、
    • どこかにひっそりと売れ残っている可能性はあるが、極めて低い。
  • 特別カード(utakata三連作)
  • EX04:ワルキューレゼロ(utakata)
    • ムック「アヴァロンの鍵 弐 鍵聖戦 魔導の夜明け」付録カード。
    • ワルキューレゼロだが、イラストが人気イラストレーターのutakata画になっている。新規入手は可能。
  • 41、バルキリー (utakata)
    • バルキリーと同一カードだが、イラストがやはりutakata画になっている。
    • アヴァロンの鍵円卓の召喚符の同梱カード。
    • 新規での入手は困難。
  • N26、バルキリークララ(通称アルカディア版)
    • アルカディア05年10月号の付録カード。
    • リメイク版となっており、上記2枚との3連イラストになっている。
    • 新規での入手は、やはり古本屋を当たるしかなく、困難。
  • 以上のカード合計597枚がゲームで使えるカードの全てですね。
  • (排出カード583枚+EX11枚+特別カード3枚=597枚)
  • ※入手困難や不可と書きましたが、直接的にという意味であり、
  • ヤフオクや個人売買、ショップでの購入など、第三者を通じての入手は可能です。