Guice, Spring, Seasar2 ベンチマーク(第2回)


このページは

以下の3つのDIコンテナでの、AOPを含めたマイクロベンチマークのソースを掲載しています。

※第1回はこちら

ベンチマークの概要

  • AOP無しでDIコンテナからひたすらインスタンスを取得して、秒間何回取得できたかを計測
  • AOP有りで(同上)
  • インスタンスは毎回新しいものを取得(プロトタイプ)
  • AOP有りのインスタンスをひたすら実行して、秒間何回実行できたかを計測(処理は内容ほぼ無し)
  • 上記3種類を、3つのコンテナで何度か繰り返す。

ソースコード

filePerformanceComparison2.java

ベンチマーク結果

ブログエントリ「ベンチマークを更新しました」

付記

  • コードのベースとなっているのは、Guice1.0付属のPerformanceComparisonクラスです。
  • 今回のベンチマークでの変更点
    • AOP無しのインスタンス取得を追加。それに伴い、セットアップ処理を一部メソッド化(処理内容は変わっていません)
    • Seasar2のセットアップ処理で、OgnlExpression?ComponentNameExpression?に変更
  • 前回のベンチマークまでの変更点
    • パッケージをsample.guice.performanceに移動
    • AOPの設定を追加(ByHand?は呼び出さないようにした)
    • ひたすらコンテナからインスタンスを取得する計測に加え、1つのインスタンスをひたすら呼び出す計測を追加
    • 上記をSeasar2でも行うコードを追加(manholeさんのコードkoichikさんのコードひがさんのコード を適用したものです)

最新の11件

2007-11-28 2007-04-30 2015-02-26 2009-06-06 2007-11-28 2007-04-19 2007-03-19

今日の1件

  • Guice, Spring, Seasar2 ベンチマーク(第2回)(1)

  • counter: 3875
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1