WinBUGS


Language

使い方

  • 基本的に、Winbugsのテキストエディタに必要な項目を書き入れ、文字の反転⇒設定を行う。
    • model
    • data

model

  • エディタでモデル作成
  • "model"を反転
  • Modelタブ⇒Specificationタブを選ぶ
  • check (compileは、まだしない) でOK

Data

  • "list"を反転させ
  • Modelタブ⇒Specificationタブを選ぶ
  • "load data"を選ぶ

# Chains

シミュレーションを何セットするか、ということ。

  • Modelタブ⇒Specificationタブから、
  • "num of chains"を設定

Modelのコンパイル

  • Modelタブ⇒Specificationタブを選ぶ
  • compile

初期値の設定

  • エディタに初期値を入力(list)
  • listを反転
  • Modelタブ⇒Specificationタブを選ぶ
  • "load init"を選ぶ(チェーンの個数回)
  • "gen inits"を選ぶ

web.sfc.keio.ac.jp/~kogure/seminar/07fall/.../WinBUGS_usage.pdf

関数

dnorm(mu, tau):

変数が、正規分布に従うものとする

  • N(mu, sigma)
  • mu: 平均
  • sigma: 標準偏差
  • tau = 1/sigma

ex)

beta=dnorm(0.0, 0.001)

dbin(prob, n)

変数が二項分布Bin(p, n)に従うものとする

  • prob: "Y"が出る確率
  • n: 試行回数

ex)

y~dbin(0.5, 10)

dgamma(shape, rate):

変数がガンマ分布に従うものとする

  • shape: 形状パラメータ
  • rate: 尺度パラメータ
    (scale = 1/rate)
g(x) = scale^shape*x^(shape-1)*exp(-scale*x)/G(shape)
     = x^(shape-1)*exp(-x/rate)/G(shape)/rate^scale

逆ガンマ分布

y=1/xがガンマ分布に従うような、確率変数xが従う分布のこと

最新の20件

2014-11-17 2014-11-04

今日の2件

  • counter: 201
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1