surface_create()


2D グラフィック機能

surface_create

サーフェースを生成します

構文

surface_create(w, h);
w
サーフェースの幅
h
サーフェースの高さ

戻り値

Real
サーフェースのインデックス番号

説明

この関数はサーフェースを作成するために使用され、surface_*の関数呼び出しのためのサーフェースのインデックス番号を返します。サーフェース作成時は"ノイズ"が含まれた状態となっている可能性がありますので、使用前にdraw_clear_alpha()関数によりサーフェースをクリアすることができます。

注意点

サーフェースのサイズは2の累乗(16, 128, 512, 1024ピクセル)で作成することをおすすめします。これはWindowsやMacOSでは問題となりませんが、HTML5や特定のデバイスは2の累乗でないと動作しない可能性があります。

生成したサーフェースはいつでも破棄される可能性があるため、毎ステップごとにsurface_exists()で存在をチェックする必要があります。


if !surface_exists(surf)
{
  surf = surface_create(1024, 1024);
  surface_set_target(surf);
  draw_clear_alpha(c_black, 0);
  surface_reset_target();
  view_surface_id[0] = surf;
}

上記コードはサーフェースが存在するかどうかをチェックし、存在しなければ1024x1024のサーフェースを作成します。そして黒塗りで初期化し、Viewにサーフェースを割り当てています

関連

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2019-07-28 2019-07-12 2018-11-17 2017-11-07 2017-10-26 2017-10-01 2017-05-13 2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-10-09 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19 2015-06-10 2015-06-09 2015-06-07

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 1954
今日の訪問者: 1
昨日の訪問者: 2
閲覧者: 3