sprite_save()


リソース操作・スプライト

sprite_save

スプライトを画像として保存します

構文

sprite_save(ind, subimg, fname);
ind
スプライトのインデックス番号
subimg
スプライトのサブイメージ番号
fname
保存するスプライトのファイル名

戻り値

N/A
なし

説明

この関数はファイル名を指定して、スプライトのサブイメージを画像として保存することができます。 この画像は*.pngファイルでなければなりません。

注意点

ターゲットプラットフォームによっては、保存した画像ファイルをロードすることができます。

var surf, spr_custom;
surf = surface_create(32, 32);
surface_set_target(surf);
draw_clear_alpha(c_black, 0);
draw_sprite(spr_Body, 0, 0, 0);
draw_sprite(spr_Clothes, 0, 0, 0);
draw_sprite(spr_Hair, 0, 0, 0);
spr_custom = sprite_create_from_surface(surf, 0, 0, 32, 32, true, true, 16, 16);
surface_reset_target();
surface_free(surf);
sprite_save(spr_custom, 0, "Player_Custom_Sprite.png");
sprite_delete(spr_Custom);

上記コードはサーフェースに描画したスプライトをもとにスプライトを作成し、それを画像として保存しています


Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-12-02 2016-10-09 2016-09-25 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19 2015-06-10 2015-06-09 2015-06-07 2015-06-05 2015-06-03

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 812
今日の訪問者: 2
昨日の訪問者: 2
閲覧者: 5