【書評】 『望郷〜姫路広畑俘虜収容所通譯日記』(柳谷郁子著 鳥影社刊)

 最近入手した本.

 著者は小説家だが,ふとした時に,広畑捕虜収容所の通訳だった人の日記を入手する.
 そして,それを300ページに亘って掲載しているのだが,その前にこの人がどんな人だったのか,それを追ったのが,第1章の150ページ余に上る長い長いプロローグの部分.
 この部分も西南戦争の裏面史というべき部分が書かれていて,中々読み応えがある.
 通譯の話についても,鬼畜米英と呼んで白人を忌み嫌っていた流れに棹さして,極力捕虜達の側に立って問題を解決しようとした事が伺え,当時の捕虜収容所の状況が,余す事無く筆写されている.
 因みに,中には未遂に終わったが,俘虜の脱走計画に荷担したと思われる話しもあったり.
 これはどちらかと言えば,その人の血がそうさせていたのかも知れないが.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 :軍事板,2012/01/08(日)

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の20件

  • counter: 1494
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1