【質問】
 板金鎧が近世の投射武器に対して弱すぎるのですが,板金鎧を着込んだ重装歩兵ってどう使えば良いんですか?
 重騎兵は機動戦力・衝力担当としてまだ使えると思うんですが,歩兵は……
 白兵戦には強いと思うんですが,凄くお金がかかりますよね?
 それとも,板金鎧満載の金ぴか軍団は,創作上のファンタジーですか?

 【回答】
 そういうのは基本,騎士階級が下馬戦闘する際ぐらい.
 しかも銃やクロウボウに弱い上,重さはしっかりあるのですたれていった.
 あと,中世の気合い入ったプレートメイルは乗馬前提に造られていて,下馬すると重すぎて一人じゃ動けないやつもある.
 そして近世以降,銃の発達に対抗して胴体だけ重装甲にし,重さとコストの問題を解決した胸甲騎兵という騎兵が現れるが,歩兵の場合は銃を喰らったらあきらめるという方向に進化する.

>板金鎧満載の金ぴか軍団

 簡易なプレートメイルつうか胴鎧+鉄かぶとぐらいなら,中世の傭兵や歩兵もつけてたし,そういうのも外見的には重装に見えるかもしれない.
 ただ楔帷子+プレートメイルの上下と厚手の服を重ねた,本格的な重装備とは全然別物.

軍事板,2010/12/01(水)

 【質問】
 胸甲騎兵はなんで廃れたの?

 【回答】
 胸甲騎兵の全盛期がナポレオン戦争のころか.
 それ以後,元込め式だとか,ライフル銃とか出てきて,小銃の発射速度と命中精度が格段に向上するにつれ,騎兵という兵種自体が,主戦場の決戦兵科の地位から追われるようになる.
 クリミア戦争とか,普墺戦争とか,普仏戦争とか,南北戦争とか….

 もっとも,第1次世界大戦でも胸甲騎兵はいたし,それどころか騎兵はWW2にもいたけど,それは喩えて言えば,「旧世代戦車を未だに運用している後進国」みたいなもん.

 それ以外揃える・更新する金が無いとか,技術が無いとか,必要性がなかったので更新が先送りになったままだったとか.
 そういう所でも共通しているのは,何と言うのか…まあ軍事にはよくある話ってことなのかもな.

 だからアメリカ軍にだって,緒戦には騎兵隊がいたし,ソ連のコサック騎兵もドイツ軍戦車部隊に突撃して,榴弾と機銃でなぎ倒された.
 それを行った(行わざるを得なかった)ヘルマン・フォン・オッペルン・ブロウコニスキー大佐は,自身も乗馬のエリートで金メダリストという,なんとも酷な話……
http://ec2.images-amazon.com/images/I/51--IjIoiLL._SS500_.jpg

軍事板,2010/12/01(水)

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の20件

  • counter: 2225
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1