【質問】
 マル3計画における空母建造の実態は,米海軍にどの程度察知されていたんでしょうか?
 開戦当時,米空母は太平洋に3隻しかいないけど,対抗艦をもっと置いておかないと,軍事バランス的におかしいと思うんですが.

 【回答】
 Jane 1939版では日本の新造空母は
蒼龍型3番艦 翔鶴 1万トン 30〜40機搭載

 Jane 1941版では同じく
蒼龍型3番艦 蛟竜 1万トン 30〜40機搭載
翔鶴・瑞鶴       1万7000トン 45機搭載

です.

 これ以外に,1939〜40年にかけて4万トン超の新造戦艦3隻が就役する,と推定しています.

 つまり,日本の空母陣は数だけ多く,一隻一隻は小粒と思ってたわけですね.
 就役済の艦にしても
龍驤:24機
加賀:60機(最大,通常は30機)
赤城:50機(最大,通常は30機)
鳳翔:26機(最大,通常は20機+) と推定されてます.

 これがアメリカだと
レキシントン:90機
サラトガ:79機
レンジャー:72機(最大120機)
ヨークタウン級:83機(最大100機以上)
ワスプ:75機

ですから,日本:200機弱〜370機に対して,米太平洋艦隊:250〜270機という想定になります.
 そんな劣勢に見えないでしょう?
 そういうことなんです.

ゆうか ◆u8WC078ef5ch in 軍事板,2010/11/20(土)

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の20件

  • counter: 2290
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1