【質問】
 ノモンハン事件のとき,日本軍は火炎瓶でソ連の戦車を撃退したという記事を読んだことがありますが,信じられません.
 本当なんでしょうか?

 【回答】
 本当です.
 火炎瓶攻撃はけっこう戦果をあげています.
 運良くエンジンルームに命中させる事が出来たばあい,吸気口から火炎を吸い込み,ガソリンエンジン車は最悪爆発を起す事があるからです.

 ただし,一応補足しときますが,火炎瓶を過大評価されても困ります.

 ノモンハンの時のソ連戦車は,練度が低い上に運用法がまずかったのです.
 歩兵を一人も連れずに,戦車だけで日本歩兵陣地に突進し,歩兵の肉薄攻撃(火炎瓶含む)で相当数撃破された例もあります.

 だが,ソ連戦車が相応の数の歩兵を随伴させ,日本兵の接近を阻止していたら,被害は激減したはずです.
 実際,ソ連は戦訓を汲み,必ず戦車に歩兵を随伴させるよう改めています.
 同じ手は二度と食いません.

 火炎瓶を狙ったところに投げるのも困難ですが,投擲距離内に接近するのがもっとも大変です.
 しかも,うまく当てたとしても,必ず撃破できるわけではありません.

 ロシア軍戦車がチェチェンで撃破された際には,火炎瓶(容量が大きいので,むしろ火焔ドラム缶のようなものだったらしいが)も使用されたわけで,状況次第では今でも火炎瓶,ないしその巨大版は無視できないこともあるわけですが.
 まあ,実戦でそのような手段に頼るのは,これもまた愚かな事でしょうが.

軍事板,2002/09/23

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の20件

  • counter: 2227
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1