【質問】
 アメリカ空軍のパイロット質って,各国の空軍と相対してどの程度ですか?
 N速で空自のパイロットの質は米軍以上ってきいたので.

 【回答】
 年度によって違ったり,具体的な数字は正式に発表されてなかったりするから,資料によって数値はバラバラだが,基本的に米軍のパイロットの年間飛行時間は,他国より数十時間高い.

 自衛隊を初めとする先進国,中国の第4世代機,パキスタンなどのパイロットは一般的に年間150〜200時間.
 韓国や中国の旧型機などのパイロットは,年間130時間飛行すると言われてる.
 米軍のパイロットは他の先進国より数十時間多く,250時間とか飛行してると言われてる.

 何故空自のパイロットは米軍より質が高いと言われるかというと,米軍のパイロットは訓練時間が長くとも,対地攻撃などの訓練もしなくてはならないが,対地攻撃能力が元々低い空自は,主に空対空戦闘の訓練が中心なので,結果的に空対空では,米軍より質が高いのではないかと思われてるから.

 実際どうなのかは,戦ってみないことにはわからん.
 演習などでの一部のパイロット同士による対決じゃ,全体のレベルは判断できないからな.
 演習じゃ何らかの制限下である場合が多いし,米軍機と自衛隊機じゃ性能や武装に差があるし,何より実戦と演習じゃ,精神状態も含めて何もかもが訓練とは違うしな.

軍事板,2010/11/29(月)

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の6件

  • counter: 2945
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1