【質問】
 いわゆる「M資金」には,真偽の疑わしい話が色々ありますが,本当に存在するんですかね?

 【回答】
 存在する証拠も存在しない証拠も,無い.
 しかし,今まで「M資金(またはそれに類する謎の資金)」といって明るみに出た事件は,すべて詐欺だとされている.

 もしM資金またはそれに類するものが存在して,巨額の融資を受けた人物がいるとしても,その人が
「私はM資金から融資を受けた」
などと口外するはずはないから,当分,真相は謎のままでしょう.

 ただし,それとは別に,第2次大戦終結後の混乱のさなかに行方不明になった,政府や日本軍関係のカネは,非常な巨額に上がると言われている.
 その一部は実際に,国会で追及されたこともあった(が,うやむやのまま).
 児玉誉士夫その他,そのカネを利用してのしあがったといわれる政商も,何人もいる.
 これも真相は当分不明だろう.

 以下,蛇足:

 一般人は,M資金絡みの詐欺話とは無縁と思われがちだが,案外そうでもない.
 私事で申し訳ないが,結構大きな病院の経営者である親戚のところに,十年ほど前,
「スイス銀行が日本の医療関係者に,秘密裡に低金利の融資をすると言っているが,のらないか?」
という話がもちこまれた.
 融資を受けるにも一定の条件があり,その他いろいろな飾りつけがなされていたが,それらは伏せる.
 M資金詐欺だと判断し,親戚は断ったが,
「もしかしたら本当だったかもしれない」
という気持はぬぐいきれなかったそうだ.

 世界史との絡みで考えると,古くは中世欧州に「プレスター・ジョンの黄金伝説」なんてものもあったらしいし,「隠された宝物」という線で考えれば,この手の話のルーツはきわめて古い.
 しかし,ルーツが古くてありふれているということが,嘘だという証拠にはならないので,いつまでもこの手の話が絶えない.

世界史板,2011/10/16(日)

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の10件

  • counter: 3023
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1